セミナー情報一覧

セミナースケジュール

アイスタットでは、定期セミナーを実施しています。近日開催予定のセミナーは下記のとおりです。
セミナータイトルをクリックすると詳細をご覧いただけます。
6講座(★印)を修了した方には、修了証と記念品を進呈させていただきます。
※法人様向けの出向セミナー(10名以上)も承っております。詳しくはこちらをご参照ください。
ご注意ください
◆2018年7月以降のお申し込みに関しましては、銀行振り込み明細書をもって領収書の発行に代えさせていただきます。
・金融機関窓口、ATMからお振込みいただいた場合:金融機関にて発行される「ご利用明細票」
・ネットバンキングの場合:振込決済が完了した画面を印刷したもの
消費税法改正に伴い、2019年10月1日以降に開催するセミナーにつきましては 新税率(10%)の消費税にてご請求させていただきます。
日程 セミナー名 受付状況

開催終了(クリックすると過去の開催履歴が表示されます)

’19/4/2(火) 【臨時開催】アンケート調査票の作成・集計解析入門 終了
’19/4/9(火) 予測入門 終了
’19/4/16(火) マーケティングプランニング&マーケティングリサーチ入門 終了
’19/4/23(火) 特別開催セミナー「コンジョイント分析入門 終了
’19/5/21(火) 統計解析入門 終了
’19/5/22(水) 【特別開催】重回帰分析入門・実践 終了
’19/5/28(火) 【臨時開催】アンケート調査票の作成・集計解析入門 終了
’19/6/11(火) 多変量解析入門 終了
’19/6/18(火) アンケートデータの検定入門 終了
’19/6/25(火) 【臨時開催】アンケート調査票の作成・集計解析入門 終了
’19/7/9(火) 予測入門 終了
’19/7/16(火) マーケティングプランニング&マーケティングリサーチ入門 終了
’19/7/23(火) 特別開催セミナー「共分散構造分析(SEM)・因子分析」 終了
’19/8/6(火) 統計解析入門 終了
’19/8/27(火) アンケート調査票の作成・集計解析入門 終了
’19/9/10(火) 多変量解析入門 終了
’19/9/17(火) アンケートデータの検定入門 終了
’19/9/24(火) 特別開催セミナー「コンジョイント分析入門」 終了
’19/10/8(火) 予測入門 終了
’19/11/12(火) 統計解析入門 終了
’19/11/19(火) アンケート調査票の作成・集計解析入門 終了
’19/12/3(火) 多変量解析入門 終了
’19/12/10(火) アンケートデータの検定入門 終了
’19/12/17(火) 多変量解析入門 終了
1/14(火) マーケティングプランニング&マーケティングリサーチ入門 終了
1/21(火) 予測入門 終了
1/28(火) 特別開催セミナー「共分散構造分析(SEM)・因子分析」 終了
2/4(火) 統計解析入門 終了
2/25(火) アンケート調査票の作成・集計解析入門 終了
3/3(火) 特別開催セミナー「重回帰分析入門・実践半日コース」 終了
3/10(火) 多変量解析入門 終了
3/17(火) 【臨時開催】アンケート調査票の作成・集計解析入門 終了
3/24(火) アンケートデータの検定入門 終了
4/14(火) アンケート調査票の作成・集計解析入門 開催中止
4/21(火) 予測入門 開催中止
5/19(火) マーケティングプランニング&マーケティングリサーチ入門 終了
5/26(火) 統計解析入門 終了
6/9(火) 多変量解析入門 終了
6/16(火) アンケートデータの検定入門 終了
6/23(火) 特別開催セミナー「コンジョイント分析入門」 終了
6/30(火) 統計解析入門【オンラインライブ】 終了
7/7(火) アンケート調査票の作成・集計解析入門 終了
7/14(火) 予測入門 終了
7/21(火) 特別開催セミナー「共分散構造分析(SEM)・因子分析」 終了
8/4(火) 多変量解析入門 終了
8/18(火) アンケートの調査票作成・集計解析入門【オンラインライブ】 終了
9/1(火) 多変量解析入門 終了
9/1(火) 多変量解析入門【オンラインライブ】 終了
9/8(火) 統計解析入門 終了
9/8(火) 統計解析入門【オンラインライブ】 終了
9/15(火) アンケート調査票の作成・集計解析入門 終了
9/15(火) アンケート調査票の作成・集計解析入門【オンラインライブ】 終了

統計解析入門セミナー


統計学・解析手法の役割から種類、概要までを学びます。 具体例や実例に基づき結果の見方や活用法を学びます。 フリーソフト「統計解析」で基本統計量、相関分析の演習をします。

アンケートの調査票作成・集計解析入門セミナー

調査票の作成方法、アンケートデータの集計方法、集計結果の見方・活用方法を学びます。 クロス集計については基本から応用、裏ワザまで徹底学習します。 フリーソフト「統計解析」で CS 調査の演習をします。

アンケートデータの検定入門セミナー


母集団において違い(効果)があるという仮説を検証するためにアンケート調査を行います。調査データに統計的手法を用いてこの仮説が正しいかを確認します。確認する方法を母集団仮説検定といいます。 母集団仮説検定の種類、概要、仕方、手順について学びます。

多変量解析入門セミナー

多変量解析とは何か。多変量解析の活用法・結果の見方を学びます。 因果関係、予測、セグメンテーション、ポジショニングを把握するために、どのような多変量解析を適用し、活用するかを学びます。 ソフトウェア「マルチ多変量」で多変量解析の演習をします。
予測のための基礎知識、予測の仕方、予測解析手法の活用法・結果の見方を学びます。 売上予測の実例を紹介します。 ソフトウェア「マルチ予測」で売上予測の演習をします。

マーケティングリサーチを学ぶ上での基礎・基本から調査のステップ、機能までをわかりやすく解説しています。 マーケティングで登場する様々な用語に触れ「マーケティングについて分かったふりをしないようになる」、「マーケティングリサーチやマーケティ ングリサーチの機能を一言で言えるようになる」ことをゴールとしています。
コンジョイント分析は、商品の総合評価をする時、消費者が複数の商品から1つを選ぶ場合、それぞれの評価項目がどの程度目的変数(購入度合)に影響を与えているかを明らかにする分析手法です。 セミナーでは、分析の基本となる「基本統計量・相関分析」のおさらいから、「多変量解析」の概要、コンジョイント分析の3つのパートに分けて学習します。
共分散構造分析(SEM)・因子分析とはどのような手法か、結果の見方や解釈の仕方を具体的な事例から学びます
統計学の代表的解析手法【重回帰分析】とは? データの中にある宝(予測・重要度・要因)を導き出す学習をします。多数の演習問題を実践し、問題を解くための考え方、結果の見方を解説します。


コミュニケーションスキルの一つであるコーチング(coaching)は、最近、企業では人材開発の技法としても注目されています。対話によって部下の自己実現や目標達成をサポートし、自発的な行動を促す技術です。セミナーでは、ビジネスシーンでの良い会話例と悪い会話例をあげ、受講者の体験に照らし合わせながら、コーチングスキルの体系を理解します。

最新ソフトウェア情報

マルチ予測

時系列データの解析に有効なソフト。ソフトが既存の重回帰分析、数量化1類、新型手法の拡張型数量化1類を自動選択し、予測モデル式を作成する。 多変量解析の手法を多数搭載した、Excelのアドインソフト。予測モデル式に適用するデータが量的データ、質的データが混在していても解析できる手法を搭載。

最新書籍情報

使える51の統計手法

一から統計学を学ばなくても最適な統計手法の手がかりがみつかる内容となっています。使える場面が最初に表記しているので、どの統計手法を使ってよいかわからない方には、非常に便利です。

付属ソフトウェアダウンロードはこちらから

調査票のつくり方がわからずに困っている人が多くいます。本書の2章では調査票のつくり方を、4章ではクロス集計を、最後に、現場で利用でき、実践的な内容とするために、7章~12章ではCS調査、一対比較法調査、コンジョイント調査、因果関係解明調査、消費者セグメンテーション調査における調査の仕方や解析方法を解説しています。


例題とExcel演習で学ぶ多変量解析:因子分析・コレスポンデンス分析・クラスター分析 編

本書は主に主成分分析,因子分析,数量化 3 類,コレスポンデンス分析,クラスター分析,共分散構造分析について解説しています。Excelを使って実習することにより、因子分析、数量化3類について理解することができます。

付属ソフトウェアダウンロードはこちらから


例題とExcel演習で学ぶ多変量解析: 回帰分析・判別分析・コンジョイント分析 編

多変量解析を行う目的としては、大きく分けて「予測」と「要約」の2つがあります。本書では、「予測」の解析に焦点を当てて解説します。 計算・解釈の方法を、Excelアドインソフトウェアを活用して詳細かつ実践的に説明していきます。

付属ソフトウェアダウンロードはこちらから

例題とExcel演習で学ぶ多変量解析:生存時間解析・ロジスティック回帰分析・時系列分析編

本書は主にロジスティック回帰分析,数量化2類,拡張型数量化2類,カプランマイヤー法とCox 比例ハザードモデル, 時系列分析について解説しています。Excelを使って実習することにより、計算が難しいロジスティック回帰分析や生存時間解析などを理解することができます。

付属ソフトウェアダウンロードはこちらから