セミナー情報詳細

定期セミナーのご案内ページです。オンラインセミナーはこちらをクリックして移管先ページをご参照ください。
アンケートの調査票作成・集計・解析入門
調査票の作成方法、アンケートデータの集計方法、集計結果の見方・活用方法を学びます。 クロス集計については基本から応用、裏ワザまで徹底学習します。 フリーソフト「統計解析」で CS 調査の演習をします。

このセミナーの特色

回答者が回答しやすい、調査目的にあった調査票を作成できるようにする。

集計した結果から傾向を読み取ることができるようにする。


受講者様からのコメント

・アンケートは何回も作成したり指導する立場にありますが、間違っていた部分、もっと工夫できる部分等、大いに学ぶことができました。


・あるべきアンケートが何かが理解でき、現行の実施しているアンケート調査を相対化できました。


・グラフの作り方、CS調査、無料集計ソフトなど活用できると感じました。


左記のクロス集計表から何がいえますか?

意外に間違えた解釈をしている方が・・・。

セミナー後は、すっきり解決!

株式会社アイスタットでは、難解な統計の公式を使わず、図解豊富なテキスト、事例中心の解説、フリーソフトでのパソコン演習で、セミナーを行っています。 楽しく学んで、すっきり納得、すぐに実務でデータ分析が実践できるようになります。
ぜひお気軽にご参加ください。

開催日: 2020年12月8日火曜日

お申込前に、注意事項 をご確認ください。


お申込みフォームを送信いただいても、受付は完了しておりません。すでに定員に達している場合は、弊社よりご連絡をいたします。受付が完了しましたお客様には、弊社より「お申し込み確認メール」をお送りいたします。あらかじめご了承ください。

セミナーで取り上げる課題

■アンケート調査票の作成を学ぶ

・よい調査票のレイアウトや質問の仕方

・回答法ごとの質問の仕方(聞き方)


■ アンケートデータの集計を学ぶ

・データ形式ごとの集計(割合・平均値・中央値)の仕方

・無回答、非該当がある場合の集計方法

・クロス集計の特徴と仕方、クロス集計表・クロス集計グラフの見方

・集団内での位置を知る


■アンケートデータの分析を学ぶ(単相関係数・CS分析)

・単相関係数は、どのようなデータ形式で何を表すのか

・単相関係数の値の見方

・具体例から学ぶCS分析の解析方法と、ソフトを使ったCSグラフの作成と結果の見方




受講後のゴール

・アンケート調査票の設計・集計・解析だけではなく、解釈の仕方を一から学び理解できるようになる


・これまでの経験的な判断に頼らず、アンケート回答をグラフや分析結果から正しく読み取ることができるようになる

学習内容

第1部 アンケート調査表作成
  • 調査企画
  • 調査票とは
  • 調査票作成の手順
  • 回答形式のタイプ
  • 親元項目、限定項目
  • 質問の順番
  • 調査票のレイアウト
  • 用いてはいけない質問文
  • SA回答法の聞き方
  • MA回答法の聞き方
  • 順位回答法の聞き方
  • 自由回答法の聞き方
  • 段階評価の聞き方
  • 段階評価の選択肢
  • 7段階評価と5段階評価
  • 非対称型の段階評価
  • マトリックス質問の聞き方
  • SA回答法/二項選択法をMAで聞く
  • FACEの聞き方
  • 職業の聞き方

第2部 アンケート集計の仕方
  • 回答形式タイプ別の集計
  • 中央値
  • 平均値と中央値の使い分け
  • 分布の作成方法
  • 無回答(不明回答)の取扱い
  • 5段階評価の集計
  • 段階評価における平均値と比率の違い
  • データ「0」の取扱い
  • 単純集計グラフ
  • クロス集計
  • クロス集計表の解釈
  • 質問間のクロス集計
  • %ベースのn数
  • クロス集計のグラフ
  • クロス集計表の並び替え
  • カテゴリーデータと数量データの関係
  • CS分析

開催情報

日程 2020年12月8日(火)
※「オンラインライブ・アンケートの調査表作成・集計解析入門」にご参加のお客様も同じ講義を受講されます。
時間 10:00※~16:30

※9:50頃までにご来場ください
参加費用 28,000円(税抜き)/1名 ※テキスト、統計解析ソフト、昼食代含む
開催場所 株式会社アイスタット 東京都杉並区梅里1-22-26
最寄り駅 東京メトロ 地下鉄丸の内線「東高円寺駅」1番出口より徒歩4分
定員 10名 ※オフィス開催、オンラインライブ合わせて
その他 ・ノート、筆記用具をご持参ください(PCは弊社でご用意いたします)

・お申込み受人数に限りがございます。定員に達し次第、受付終了とさせていただきますのであらかじめご了承ください。

・解析した演習用データファイルはお持ち帰りいただけます。USBメモリをご持参ください。(USBメモリ以外の記録媒体は使用できません)

※昼食が不要の場合は個別対応いたします。お申し込みフォームの「通信欄」からご連絡ください。

・消費税法改正に伴い、2019年10月1日以降に開催するセミナーにつきましては 新税率(10%)の消費税にてご請求させていただきます。

プログラム詳細

時間 概要
10:00~12:00 アンケートの調査票作成・集計・解析入門 午前
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~16:30 アンケートの調査票作成・集計・解析入門 午後

セミナー資料について


セミナーで配布する資料、CD-ROM等は全てお持ち帰りいただけます。

本セミナーの講義およびテキストは、書籍「アンケート分析入門」に対応しております。書籍と合わせると学び直しに最適です。
ただし、講師による解説とテキストのみでも十分に理解が深まる内容となっております。


<参考図書>
著者:菅民郎

書籍はAmazonや書店にてお買い求めいただけます。

使用ソフト


アイスタットフリーソフト「Excel統計解析」「Excel多変量解析」(CD-ROM)


統計データ分析士を目指す方へ

注意事項

お申し込みについて

お申込みフォーム送信直後に「自動返信メール」、お申込みフォーム送信後3営業日以内に「お申込み確認メール」をお送りいたします。

「自動返信メール」および「お申込み確認メール」は、迷惑メールフォルダーやごみ箱などに振り分けられる場合がありますので、メールが届かない場合はこちらをご確認ください。またメールサーバーのトラブルによる未着の場合もございますので、お申し込みから3営業日を過ぎて「お申込み確認メール」が未着の場合は、お手数となりますが弊社までご連絡ください。

セミナー開催日の前日~5日前のお申し込みにつきましては、お申込みフォームを送信のうえ、お手数となりますが弊社まで確認のお電話をお願いいたします。


キャンセルについて

次のような場合は、すみやかにご連絡をお願いいたします。
  • 仕事の都合で参加できなくなった。
  • 事情により開始時刻に間に合わない。
  • セミナーを別の開催日に振り替えてほしい。


  • 開催直前・開催当日のキャンセル、無断キャンセルなどは、事務手数料を請求させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

    参加申し込み

    WEBからのお申し込み

    このページの「セミナーに申し込む」ボタンからお手続きを行ってください。


    お支払い方法

    お支払い方法 :銀行振込
    お振込口座  :「お申し込みフォーム」送信後にて届く「お申し込み確認」メールをご参照ください。
    領収書について:銀行振り込み明細書・振込受領書※をもって領収書の発行に代えさせていただくことになりました。
    お支払い期限 :セミナー開催日の2日前(土日祝日を除く)までにご入金ください。

    ※請求書は「お申込み確認」メールに添付して(PDFファイル)お送りいたします。
    ご入金にあたり請求書原本をご入用の場合は、somu@istat.jpまでご連絡ください。
    ※お振込手数料はお客様ご負担となります。
    ※お支払い期日、その他ご要望がございましたら「お問い合わせ」または「お申し込みフォーム」の通信欄までご記入ください。

    その他のセミナー情報

    統計解析入門セミナー


    統計学・解析手法の役割から種類、概要までを学びます。 具体例や実例に基づき結果の見方や活用法を学びます。 フリーソフト「統計解析」で基本統計量、相関分析の演習をします。

    アンケートデータの検定入門セミナー

    母集団において違い(効果)があるという仮説を検証するためにアンケート調査を行います。調査データに統計的手法を用いてこの仮説が正しいかを確認します。確認する方法を母集団仮説検定といいます。 母集団仮説検定の種類、概要、仕方、手順について学びます。

    多変量解析入門セミナー

    多変量解析とは何か。多変量解析の活用法・結果の見方を学びます。 因果関係、予測、セグメンテーション、ポジショニングを把握するために、どのような多変量解析を適用し、活用するかを学びます。 ソフトウェア「マルチ多変量」で多変量解析の演習をします。
    予測のための基礎知識、予測の仕方、予測解析手法の活用法・結果の見方を学びます。 売上予測の実例を紹介します。 ソフトウェア「マルチ予測」で売上予測の演習をします。

    マーケティングリサーチを学ぶ上での基礎・基本から調査のステップ、機能までをわかりやすく解説しています。 マーケティングで登場する様々な用語に触れ「マーケティングについて分かったふりをしないようになる」、「マーケティングリサーチやマーケティ ングリサーチの機能を一言で言えるようになる」ことをゴールとしています。
    統計学の代表的解析手法【重回帰分析】とは? データの中にある宝(予測・重要度・要因)を導き出す学習をします。多数の演習問題を実践し、問題を解くための考え方、結果の見方を解説します。
    コンジョイント分析は、商品の総合評価をする時、消費者が複数の商品から1つを選ぶ場合、それぞれの評価項目がどの程度目的変数(購入度合)に影響を与えているかを明らかにする分析手法です。 セミナーでは、分析の基本となる「基本統計量・相関分析」のおさらいから、「多変量解析」の概要、コンジョイント分析の3つのパートに分けて学習します。
    共分散構造分析(SEM)・因子分析とはどのような手法か、結果の見方や解釈の仕方を具体的な事例から学びます

    コミュニケーションスキルの一つであるコーチング(coaching)は、最近、企業では人材開発の技法としても注目されています。対話によって部下の自己実現や目標達成をサポートし、自発的な行動を促す技術です。セミナーでは、ビジネスシーンでの良い会話例と悪い会話例をあげ、受講者の体験に照らし合わせながら、コーチングスキルの体系を理解します。

    関連セミナー

    アンケートデータの検定入門セミナー

    母集団において違い(効果)があるという仮説を検証するためにアンケート調査を行います。調査データに統計的手法を用いてこの仮説が正しいかを確認します。確認する方法を母集団仮説検定といいます。 母集団仮説検定の種類、概要、仕方、手順について学びます。

    関連書籍

    調査票のつくり方がわからずに困っている人が多くいます。本書の2章では調査票のつくり方を、4章ではクロス集計を、最後に、現場で利用でき、実践的な内容とするために、7章~12章ではCS調査、一対比較法調査、コンジョイント調査、因果関係解明調査、消費者セグメンテーション調査における調査の仕方や解析方法を解説しています。


    すべてわかるアンケートデータの分析

    アンケート分析をおこなおうと考えている方, そして分析業務をすでに実務でされている方のための入門書籍です。 標本設計、統計的推定・検定について詳しく解説しています。また3つの調査実例について紹介しています。