【現地来場型】生産現場・品質管理のためのデータ分析セミナー

オンラインライブセミナーをご希望の方はこちら
生産現場・品質管理のためのデータ分析セミナー
生産現場・品質管理のデータ分析で、知っておくべき統計学の基礎を学ぶセミナーです。具体例や実例に基づき結果の見方や活用法を学びます。
フリーソフト「統計解析」で基本統計量、相関分析の演習をします。


このセミナーの特色

統計学の最も重要な入口の部分を学ぶ

データから明らかにできることは、どのようなことかを知る

生産現場や品質管理で得たデータを統計学の基礎を使って有効に活用する

品質管理の改善、不良品減少のために、どの解析手法を起用すればよいかを知る

データ分析で出力された結果の見方や活用の仕方を知る

仕事で役立つ、データ分析がすぐに実践できるようになる内容

統計学の基礎を身につけ、次の解析ステップ(母集団推定・検定、多変量解析、実験計画法)へつなげる



セミナーで取り上げる課題

■ 統計学を使って、データから特徴を把握する(要約統計量)

・全体の傾向や特徴を整理する

・集団の全体像と特徴を明らかにする


■ 製品に対する評価を調べる(要約統計量)

・競合製品との違いを調べる

・製品調査の分布の形を見る

・製品調査の分布のバラツキを見る

・集団内での位置を知る


■ 品質管理のための図・グラフを作成し改善状況を調べる

・製品の品質を示すデータを観察する

・不良品数や事故件数を示し、各項目が全体の何%を占めるかを知る


■ 品質向上に何が関係しているかを見極める(相関係数)

・品質向上に重要な内容を調べる(影響度)

・品質向上との関連性を調べる



テキスト内容

■ 生産現場・品質管理において、なぜ統計学の手法が必要なのか?


■ 生産現場・品質管理のデータ分析で、知っておくべき統計学の基礎を学ぶ

統計データの種類
  • 計量値・計数値・順位値・層別の活用場面
  • 集団の特徴や傾向を
    把握する方法
  • 代表値、散布度の活用場面
  • データ全体の様子を把握する
  • 平均値と中央値の使い分け
  • 平均値の種類と使われる場面
  • 集団のバラツキを調べる
  • 標準偏差、変動係数の活用場面
  • 2つの算出方法がある標準偏差[分母がn、n-1]
  • 単位が異なるデータの評価
  • 基準値、偏差値の活用場面
  • 個体が集団の中でどれくらいの位置にいるかを把握する
  • 品質管理での
    正規分布の必要性を学ぶ
  • 正規分布の種類と活用場面
  • 正規分布に従っているかを調べる
  • 正規確率プロット

  • ■生産現場・品質管理のデータ分析を事例を使って学ぶ

    層別分析
  • 層別分析のデータ/分析結果の見方
  • 演習
  • ある製品を3台の装置、2名の作業者で製造している。バラツキが小さい
    作業者と装置を明らかにする。
    箱ひげ図
  • 箱ひげ図の解釈の仕方
  • 外れ値の見つけ方
  • ヒストグラム
  • 度数分布、ヒストグラムの階級幅の決め方
  • ヒストグラムの種類と活用場面
  • パレート図
  • パレート図の作成、見方
  • 管理図
  • 管理図の種類と活用場面
  • 「x̄ - R管理図」「P管理図」「Pn管理図」の作成方法、見方

  • ■ 収集したデータの特徴や傾向を明らかにする(2変量解析:相関分析)

    2つの事柄(項目)の関係を知るには? 関数関係/相関関係/因果関係
    データタイプによって解析手法は異なる相関図/カテゴリー別平均/クロス集計
    2つの事柄(項目)の関連(相関)は?
  • 単相関係数/相関比/クラメール連関係数
  • クロス集計でも相関係数が求められる

  • ■ データ分析を実際にやってみよう





    使用ソフト

    アイスタットフリーソフト「Excel統計解析」(CD-ROM)
    (対応OS/日本語版 Windows10,Windows11)
    *Excelアドインソフトです。Excel内にソフトを組み込んで使用します。
    ソフト動作環境はこちらをご参照ください。
    対応環境
  • OS/Windows10、Windows11
  • Excel/デスクトップ版 Microsoft Excel日本語版
  • (Excel365,Excel2021,Excel2019,Excel2016)
    非対応環境 以下の環境下には対応しておりません。
  • Excel for Mac
  • ストアアプリ版Excel(Excel365,Excel2021,Excel2019,Excel2016)
  • Office エンタープライズチャネル製品
  • Office Server 製品(Exchange Server, Project Server, SharePointなど)
  • 注意事項 フリーソフトはVBAマクロを使用しています。


    セミナー資料・参考図書について

    セミナーで配布する資料、CD-ROM等は全てお持ち帰りいただけます。

    本セミナーの講義およびテキストは、弊社セミナー講師が執筆した書籍「使える51の統計手法」に対応しております。テキストと合わせると学び直しに最適です。
    ただし、講師による解説とテキストのみでも十分に理解が深まる内容となっています。

    <参考図書>
    監修:菅民郎
    著者:志賀保夫,姫野尚子

    書籍はAmazonや書店にてお買い求めいただけます。

    株式会社アイスタットのセミナーでは、難解な統計の公式を使わず、図解豊富なテキスト、事例中心の解説、ソフトを使ったPC演習を行っています。楽しく学んで、すっきり納得、受講後はすぐに実務でデータ分析が実践できるようになります。 また講師への質問・ご相談も可能です。お気軽にご参加ください。
    セミナー会場画像
    セミナー会場

    開催情報

    日程 2024年4月23日(火)
    現地来場型・生産現場・品質管理のためのデータ分析

    「オンラインライブ」にご参加のお客様も同じ講義を受講されます。
    時間 10:00*~16:30
    *9:50頃までにご来場ください。
    参加費用 30,800円(税込)/1名
    (テキスト、使用ソフト、昼食代含む)
    講師 代表取締役社長 志賀保夫(監修・代表取締役会長 菅民郎
    開催場所 株式会社アイスタット 東京都杉並区梅里1-22-26
    最寄り駅 東京メトロ 地下鉄丸の内線「東高円寺駅」1番出口より徒歩4分
    定員 10名程度 ※現地来場受講(6名まで)、オンラインライブ受講を合わせて
    その他
  • ノート、筆記用具をご持参ください。
  • (PCは弊社でご用意いたします)

  • セミナーで使用するソフト(CDROM)はお持ち帰りいただけます。

  • 解析した演習用データファイルは、PCのデスクトップに保存されます。
  • 持ち帰りは任意となります。ご希望の方はUSBメモリをご持参ください。
    (USBメモリ以外の記録媒体は使用できません)

  • 昼食が不要の場合は個別対応いたします。
  • お申込みフォームの「通信欄」からご連絡ください。


    受講までの流れ


    <弊社から返信メールが届かない場合は こちら をご参照ください。>
    「自動返信メール」および「お申込み受付完了メール(請求書PDF)」は、迷惑メールフォルダーやごみ箱などに振り分けられる場合があります。またメールサーバーのトラブルによる未着の場合もございます。
    お申込みから3営業日を過ぎてお申込み受付完了メール(請求書ご送付メール)が届かない場合は、お手数となりますが弊社までご連絡ください。(お問い合わせ:somu@istat.jp)


    受講に関する注意事項

  • 請求書・お振込みについて
  • 受講に関する禁止事項について
  • 途中退席について
  • キャンセル・振り替えについて
  • その他

  • お申込みには、上記の注意事項に同意いただく必要がございます。
    詳細は、こちらをお読みください。




    開催日:2024年4月23日火曜日
    (生産現場・品質管理のためのデータ分析セミナー)

    現地来場型:受講料30,800円(税込)
    お申込み後、弊社からの請求書のご送付をもって受付完了となります。
    定員に達した場合は、予告なく受付を終了いたします。

    その他のセミナー情報

    アンケートの調査票作成・集計解析入門セミナー

    調査票の作成方法、アンケートデータの集計方法、集計結果の見方・活用方法を学びます。 クロス集計については基本から応用、裏ワザまで徹底学習します。 フリーソフト「統計解析」で CS 調査の演習をします。

    有意差検定入門セミナー


    母集団において違い(効果)があるという仮説を検証するためにアンケート調査を行います。調査データに統計的手法を用いてこの仮説が正しいかを確認します。確認する方法を母集団仮説検定といいます。 母集団仮説検定の種類、概要、仕方、手順について学びます。
    ”多変量解析入門セミナー

    多変量解析入門セミナー


    多変量解析とは何か。多変量解析の活用法・結果の見方を学びます。 因果関係、予測、、ポジショニング、グルーピングを把握するために、どのような多変量解析を適用し、活用するかを学びます。


    予測のための基礎知識、予測の仕方、予測解析手法の活用法・結果の見方を学びます。 売上予測の実例を紹介します。 ソフトウェア「マルチ予測」で売上予測の演習をします。




    コミュニケーションスキルの一つであるコーチング(coaching)は、最近、企業では人材開発の技法としても注目されています。対話によって部下の自己実現や目標達成をサポートし、自発的な行動を促す技術です。セミナーでは、ビジネスシーンでの良い会話例と悪い会話例をあげ、受講者の体験に照らし合わせながら、コーチングスキルの体系を理解します。
    マーケティングリサーチを学ぶ上での基礎・基本から調査のステップ、機能までをわかりやすく解説しています。 マーケティングで登場する様々な用語に触れ「マーケティングについて分かったふりをしないようになる」、「マーケティングリサーチやマーケティ ングリサーチの機能を一言で言えるようになる」ことをゴールとしています。
    コンジョイント分析は、商品の総合評価をする時、消費者が複数の商品から1つを選ぶ場合、それぞれの評価項目がどの程度目的変数(購入度合)に影響を与えているかを明らかにする分析手法です。 セミナーでは、分析の基本となる「基本統計量・相関分析」のおさらいから、「多変量解析」の概要、コンジョイント分析の3つのパートに分けて学習します。
    共分散構造分析(SEM)・因子分析とはどのような手法か、結果の見方や解釈の仕方を具体的な事例から学びます
    統計学の代表的解析手法【重回帰分析】とは? データの中にある宝(予測・重要度・要因)を導き出す学習をします。多数の演習問題を実践し、問題を解くための考え方、結果の見方を解説します。

    関連書籍

    使える51の統計手法

    一から統計学を学ばなくても最適な統計手法の手がかりがみつかる内容となっています。使える場面が最初に表記しているので、どの統計手法を使ってよいかわからない方には、非常に便利です。