セミナー情報詳細

ご自宅・会社・遠隔地より受講いただけるオンラインライブセミナーです。
共分散構造分析(SEM)・因子分析とはどのような手法かを学ぶ 
結果の見方や解釈の仕方を学ぶ
具体的な事例から学ぶ
オンライン開催により、ご自宅・会社・遠隔地での受講が可能です。
ライブなので内容・進行については、通常のセミナーと同様です。

開催日:2021年1月26日(火)
(オンラインライブセミナー)


お申込前に、注意事項 をご確認ください。



お申込みフォームを送信いただいても、受付は完了しておりません。すでに定員に達している場合は、弊社よりご連絡をいたします。受付が完了しましたお客様には、弊社より「お申し込み確認メール」をお送りいたします。あらかじめご了承ください。

開催情報

日程 2021年1月26日(火)
※弊社オフィス開催「共分散構造分析(SEM)・因子分析」にご参加のお客様も同じ講義を受講されます。
時間 10:00~16:00
※9:40~9:50頃までに弊社指定のZoomミーティングIDにアクセスしてください
参加費用 31,000円(税抜き)/1名 ※テキスト代を含む
開催場所 オンラインZoomミーティング
講師 株式会社 アイスタット 代表取締役会長 菅 民郎(理学博士/統計学・マーケティング専門)
定員 10名 ※オフィス開催、オンラインライブ合わせて
その他 ・ご入金確認後、テキスト(教科書)を申し込みがありましたメールアドレスに、データ便にてお送りいたします。

・Zoomアプリケーションの使用可能なPC、事前に配布したテキスト、ノート、筆記用具をご用意ください。
※テキストPDFファイルを印刷してご参加ください。

・お申込みいただける人数に限りがございます。定員に達し次第、受付終了とさせていただきますのであらかじめご了承ください。

・消費税法改正に伴い、2019年10月1日以降に開催するセミナーにつきましては 新税率(10%)の消費税にてご請求させていただきます。

プログラム詳細

時間 概要
10:00~12:30 共分散構造分析 午前
12:30~13:30 昼食休憩
13:30~16:00
因子分析 午後

セミナー内容

共分散構造分析
観測変数と潜在変数
因果関係と相関関係
共分散構造分析とは
パス図
パス係数
標準化解の解釈
非標準化解の解釈
直接効果と間接効果
適合度指標
自由度
パス図の検討
潜在変数があるパス図
潜在変数の役割
共分散構造分析の活用事例
因子分析編
因子分析で適用できるデータ
項目間の相関
潜在変数の仮説
因子負荷量
因子負荷量の2乗和、固有値
因子数の決め方
スクリープロット
因子得点
共通因子、独自因子、共通性
バリマックス回転
主成分分析とは
因子分析と主成分分析の関係式
因子分析は分解の分析/主成分分析は合成の分析 
因子分析の活用事例

注意事項


お申し込み条件

・お使いのPCでZoomミーティングアプリケーションの利用が可能なこと

・デスクトップへのフリーソフトまたは試供版ソフトの保存とソフトの起動が可能なこと

・ソフトに対応可能なPC環境は以下の通りです。
  • OS:Windows8,Windows8.1,Windows10
  • Excelバージョン:Excel2013,Excel2016,Excel2019
※弊社ソフトはMac PC非対応のため、Mac PCをお使いのお客様におかれましては、講義内のソフトを使用する演習問題にお取り組みいただくことができません。あらかじめご了承ください。


お申し込みについて

お申込みフォーム送信直後に「自動返信メール」を、お申込みフォーム送信後3営業日以内に「お申込み確認メール」をお送りいたします。

※「自動返信メール」および「お申込み確認メール」は、迷惑メールフォルダーやごみ箱などに振り分けられる場合があります。メールが届かない場合はこちらをご確認ください。またメールサーバーのトラブルによる未着の場合もありますので、お申し込みから3営業日を過ぎて「お申込み確認メール」が未着の場合は、お手数となりますが弊社までご連絡ください。

事前に受講料をご入金ください。ご入金確認後、オンラインライブセミナーURL、IDおよびパスワードを記載した「ご入金確認メール」をお送りします。また「データ便」にてセミナーテキスト(教科書)、ソフトウェア、演習用データファイル、その他資料をお送りします。

セミナー開催日の前日~5日前のお申し込みにつきましては、お申込みフォームを送信のうえ、お手数となりますが弊社まで確認のご連絡をお願いします。


開催までの流れ

お申し込みのキャンセル・変更について

次のような場合は、すみやかにご連絡ください。

  • 仕事の都合で参加できなくなった
  • 事情により開始時刻に間に合わない
  • セミナーを別の開催日に振り替えてほしい

ご入金後(テキスト送付後)のキャンセルにつきましては、ご返金を承ります。
テキスト代3500円と振込手数料を差し引いた金額をご返金します。
ご返金を希望される場合は返金先の銀行口座をお知らせください。

ご返金のほかに、別日開催のオンラインライブセミナーへのお振り替えを承ります。お気軽にご相談ください。
また、オンラインライブセミナーから通常の来社セミナーへのお申し込み変更も承っております。(別途差額をお振込みいただきます。)

開催直前・開催当日のキャンセル、無断キャンセルなどは、事務手数料を請求させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


途中退席について

オンラインライブセミナー受講中、お客様のご都合により退席される場合は返金をいたしません。

またお客様側の通信状況により通信の切断が生じた際、復旧に時間がかかるなど他のお客様の受講やセミナー運営に支障をきたすと弊社が判断した場合は、講義の途中でもご退席いただく場合があります。あらかじめご了承ください。


視聴にあたっての注意・禁止事項について

  • セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外は行わないようお願いいたします。

  • 講義の録画、キャプチャー、SNSなどへのアップなどは禁止します。発見した場合は事務局は削除を要求できることとします。

  • システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、あらかじめご了承ください。 なお、音声、画像は受講者でご調整ください。

  • 音声、画像は受講者でご調整ください。

  • Zoomサービス利用にあたってのサポートはいたしかねます。

  • 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

  • 機材、回線、システムのトラブルでセミナーを中断した場合、メールまたはお電話にてお知らせいたします。

  • 通信料はお客様ご負担とさせていただきます。

参加申し込み

WEBからのお申し込み

このページの「セミナーに申し込む」ボタンからお手続きを行ってください。


お支払い方法

お支払い方法 :銀行振込
お振込口座  :「お申し込みフォーム」送信後にて届く「お申し込み確認」メールをご参照ください。
領収書について:銀行振り込み明細書・振込受領書※をもって領収書の発行に代えさせていただくことになりました。
お支払い期限 :セミナー開催日の2日前(土日祝日を除く)までにご入金ください。

※請求書は「お申込み確認」メールに添付して(PDFファイル)お送りいたします。
ご入金にあたり請求書原本をご入用の場合は、somu@istat.jpまでご連絡ください。
※お振込手数料はお客様ご負担となります。
※お支払い期日、その他ご要望がございましたら「お問い合わせ」または「お申し込みフォーム」の通信欄までご記入ください。

その他のセミナー情報

アンケートの調査票作成・集計解析入門セミナー

調査票の作成方法、アンケートデータの集計方法、集計結果の見方・活用方法を学びます。 クロス集計については基本から応用、裏ワザまで徹底学習します。 フリーソフト「統計解析」で CS 調査の演習をします。

アンケートデータの検定入門セミナー


母集団において違い(効果)があるという仮説を検証するためにアンケート調査を行います。調査データに統計的手法を用いてこの仮説が正しいかを確認します。確認する方法を母集団仮説検定といいます。 母集団仮説検定の種類、概要、仕方、手順について学びます。

多変量解析入門セミナー

多変量解析とは何か。多変量解析の活用法・結果の見方を学びます。 因果関係、予測、セグメンテーション、ポジショニングを把握するために、どのような多変量解析を適用し、活用するかを学びます。 ソフトウェア「マルチ多変量」で多変量解析の演習をします。
予測のための基礎知識、予測の仕方、予測解析手法の活用法・結果の見方を学びます。 売上予測の実例を紹介します。 ソフトウェア「マルチ予測」で売上予測の演習をします。



コミュニケーションスキルの一つであるコーチング(coaching)は、最近、企業では人材開発の技法としても注目されています。対話によって部下の自己実現や目標達成をサポートし、自発的な行動を促す技術です。セミナーでは、ビジネスシーンでの良い会話例と悪い会話例をあげ、受講者の体験に照らし合わせながら、コーチングスキルの体系を理解します。
マーケティングリサーチを学ぶ上での基礎・基本から調査のステップ、機能までをわかりやすく解説しています。 マーケティングで登場する様々な用語に触れ「マーケティングについて分かったふりをしないようになる」、「マーケティングリサーチやマーケティ ングリサーチの機能を一言で言えるようになる」ことをゴールとしています。