多数の手法を搭載している
最強の解析ソフト無料貸出し中!

時系列データ、アンケートデータの解析多変量解析手法を多数搭載したソフトまでを期間限定で貸出ししています。

お申し込み

オーム社統計書籍で紹介しているフリーソフトダウンロード

統計解析、多変量解析、EPA法、実験計画法などのフリーソフトのダウンロードは弊社サイトより可能です。

ダウンロード

近日開催セミナー情報

調査票の作成方法、アンケートデータの集計方法、集計結果の見方・活用方法を学びます。 クロス集計については基本から応用、裏ワザまで徹底学習します。 フリーソフト「統計解析」で CS 調査の演習をします。

INFORMATION


2016年6月

第3回 理解しておきたい検定
~セクション12 t検定の種類と選び方~

※サイトの閲覧には会員登録が必要になります。

2016年6月

第3回 理解しておきたい検定
~セクション11 対応のない場合の仮説検定~

※サイトの閲覧には会員登録が必要になります。

2016年6月

夏場に感じた不調の実態や食生活、また夏バテ対策としておこなっていることなど、夏場の健康維持についての意識を明らかにします。

2016年5月

第3回 理解しておきたい検定
~セクション10 p値による仮説検定~

※サイトの閲覧には会員登録が必要になります。

2016年5月

第3回 理解しておきたい検定
~セクション9 t 値による仮説検定~

※サイトの閲覧には会員登録が必要になります。

2016年5月

CASE.6は『半分の患者の傾向を示す 生存期間やPFSの“中央値”』をテーマに第25回~第26回の2回シリーズでお届けしています。


2016年5月

第3回 理解しておきたい検定
~セクション8 信頼区間による仮説検定~

※サイトの閲覧には会員登録が必要になります。

2016年5月

ゴールデンウィーク期間、4月29日(金)~ 5月8日(日)の営業日は、5/2(月)、5/6(金)です。

2016年5月

最近1年間でかかった病気、感じた症状の実態や、その際の対処方法、また薬や健康に関する考え方など、健康についての意識などが明らかとなりました。

2016年4月

CASE.6は『半分の患者の傾向を示す 生存期間やPFSの“中央値”』をテーマに第25回~第26回の2回シリーズでお届けしています。

2016年4月

やはり入浴と健康は関係があるのかもしれません。しかし、入浴すれば健康になるというわけではなく入浴する事でリラックスをし、そしてストレス解消できる、それが健康の維持につながっているようです。


第3回 理解しておきたい検定
~セクション7 信頼区間とは?

※サイトの閲覧には会員登録が必要になります。


第3回 理解しておきたい検定
~セクション6 応のあるデータ、対応のないデータとは

※サイトの閲覧には会員登録が必要になります。


第3回 理解しておきたい検定
~セクション5 標準誤差(SE)とは~

掲載からわずか1日でケアネットドットコム人気コンテンツ第6位に!

※サイトの閲覧には会員登録が必要になります。

2016年3月

20歳以上の何らかの花粉症の症状があり、居住エリアが、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、山梨県の方を対象に調査を実施、花粉症の症状や日常生活への影響、花粉症の治療薬の服用・使用状況などが明らかとなりました。

2016年2月

20歳以上の人を対象とし調査を実施、現在の喫煙状況、禁煙についての意識などが明らかとなりました。

2016年1月

個人として生命保険に加入している人を対象に調査を実施、いつ生命保険に加入したかあるいは保障内容を切り替えたかを調査し、生命保険加入者の保険に対する意識を明らかにしました。


第3回 理解しておきたい検定
~セクション2 量的データは平均値と中央値を計算せよ~

※サイトの閲覧には会員登録が必要になります。


CASE.5は『基礎のなかの基礎 間違えたら信頼失う“統計知識”』をテーマに第18回~第24回の7回シリーズでお届けしています。今回はCASE.5の最終回となります。お見逃しなく!

EVENT&SEMINAR








データに光あり、解析力でデータの中の宝を探す

株式会社アイスタットという社名は 
統計分析研究所 Institute of Statistical Analyses, Inc. 

 統計分析研究所の英語表記から創った社名で 「アイ」は統計を愛するという思いを込め「愛」の意味も併せ 持っています。

 "データーに光あり、解析力でデータの中の宝を探す” それが私たちのモットーです。 
アイスタットは統計分析研究所を由来とする社名ですが、研究所は統計の研究をするところではありません。 人間の研究をするところです。お客様の心を研究し、お客様が求める将来価値をみつけるのが最重要の仕事と考えています。   

一見無機質に感じる統計学をもっと身近に 感じていただき 人間力と重ね合わせていくことで、人間味あふれる、そして 愛情のある新しい価値を生み出したいと思っています。