前へ           5 

●ワンポイント●

 バラツキを把握する

 平均値や中央値は、ひとつの値で集団の特徴をあらわしていますが、集団のバラツキまではわかりません。そこで度数分布表を作成してバラツキを把握しましょう。データ分析の始まりは、平均値と中央値を計算すると共に、度数分布表を作成することです。

※分布の形状から集団の特色を把握するため、最初の階級(第一階級)と最後の階級の幅を他と統一せず、下図のようにする場合もあります。

平均値付近の度数が最も多くなり、平均から離れるに従い減少する左右対称のグラフです。身長や体重ではこのような傾向が見られます。

これは正規分布と呼ばれます。








片側に山が偏り、反対側に裾が広くなるグラフです。

年収のグラフによく見られます。









グラフの山が2つある、らくだ型のグラフです。

貧富の差の大きい国での年収のグラフにみられます。