《正準判別分析(2/2) 》

③ モデル式に回答データを代入し選手の判別得点を求めます。

④ 判別得点の散布図を作成します。
 

⑤ モデル式が予測に適用できるものであるかを吟味します。専門種目を定めていない選手について予測します。

困った時の対策

Q.ソフトを用いると出力結果に正準相関係数が表示されますが、これは何を示す値でしょうか。
A.正準相関係数はそれぞれのモデル式が適用できるものであるかどうかを調べる尺度です。統計学的根拠はありませんが0.7以上のモデル式が良いとされています。

*二つのモデル式の両方が0.7以上→このまま分析を続ける
*一つのモデル式のみ0.7以上 → 3群のうち類似した群があると考えられるので、群を2群に統合して判別分析を実行する
*二つのモデル式の両方が0.7を下回る→解析を中止する

例題における正準相関係数を示しました。二つのモデル式で0.7を上回っているので、予測に適用できると判断できます。


最新セミナー情報

予測入門セミナー

予測のための基礎知識、予測の仕方、予測解析手法の活用法・結果の見方を学びます。

マーケティングプランニング&マーケティングリサーチ入門セミナー

マーケティングリサーチを学ぶ上で基礎・基本からの調査のステップ、機能までをわかりやすく解説しています。

統計解析入門セミナー

統計学、解析手法の役割から種類、概要までを学びます。

アンケート調査表作成・集計・解析入門セミナー

調査票の作成方法、アンケートデータの集計方法、集計結果の見方・活用方法を学びます。

多変量解析入門セミナー

多変量解析とは何か。多変量解析の活用法・結果の見方を学びます