◆対応のある、対応のない◆

対応のない、対応のある

2つの集団(2群)の比較で、異なる集団について測定したデータは対応のないデータ、同じ集団について測定したデータは対応のあるデータという。
喫煙している人に1日におよそ何本タバコを吸うかを聞いた。男性の平均は13本、女性は7本だった。調査結果から母集団における喫煙本数の平均は男性と女性で異なるかを明らかにする。
比較する集団は異なるので、対応のないデータという

製薬会社が解熱剤を開発した。その新薬Yの解熱効果を明らかにするために10人の患者を対象に、薬剤の投与前と投与後の体温を調べた。体温平均値は、投与前が38.0℃、投与後が36.7℃だった。母集団において体温平均値は投与前と投与後で異なるかを明らかにする。
同じ対象者なので、対応のあるデータという。
対応のあるデータの検定は差分データの標本平均と標本標準偏差を適用する。

最新セミナー情報

予測入門セミナー

予測のための基礎知識、予測の仕方、予測解析手法の活用法・結果の見方を学びます。

マーケティングプランニング&マーケティングリサーチ入門セミナー

マーケティングリサーチを学ぶ上で基礎・基本からの調査のステップ、機能までをわかりやすく解説しています。

統計解析入門セミナー

統計学、解析手法の役割から種類、概要までを学びます。

アンケート調査表作成・集計・解析入門セミナー

調査票の作成方法、アンケートデータの集計方法、集計結果の見方・活用方法を学びます。

多変量解析入門セミナー

多変量解析とは何か。多変量解析の活用法・結果の見方を学びます