◆母比率チューキー多重比較◆

母比率チューキー多重比較の概要

母比率チューキー多重比較は、3群以上の群相互の母比率(母集団の割合)の有意差を調べる検定方法である。

●メリット
1.0の2値データのみならず、集計した割合表にも適用できる
正規性はとわない。

●デメリット
p値がでない
母比率チューキー多重比較の結果

【具体例】
 ある商品について、年代別の保有率を調査した。
 商品保有率は年代によって違いがあるかをチューキー多重比較で検証せよ。

【検定結果】
割合差分>WSDなら有意差があるといえる。
割合差分の降順で並べ替えて出力される。
20才代と30才代、50才代と60才代で有意差は見られなかった。
他の年代間では有意差があった。
母比率チューキー多重比較の検定手順

群数:k 全データ数:n とする。
①各群の割合を小さい順に並べる。
2群間の保有率差分Pを算出する。

②比較する二つの群で保有率が大きい方の値をPL、PL算出の回答者数をLとする。
 比較する二つの群で保有率が小さい方の値をPs、Ps算出の回答者数をnsとする。

③比較する群とそれら群の間にある群の個数mを算出する。

平均比率Rを算出する。
比較する群とそれら群の間にある群の回答者数を合計する。・・・ a
比較する群とそれら群の間にある群の保有者数を合計する。・・・ b
R=b÷a

⑤両群間の差の標準誤差 SEを算出する
    SEは次式によって求められる。

⑥ スチューデント化した範囲の表(q分布)から、k群、m群の自由度∞に対する値をqk、qmを求め、下記を算出する。  
q=(qk+qm)/2

⑦ WSDをもめる。 
div>
⑧ 保有率差分PとWSDを比較し有意差を判定する。
保有率差分P>WSDなら、有意差があるといえる。
保有率差分P≦WSDなら、有意差があるといえない

最新セミナー情報

予測入門セミナー

予測のための基礎知識、予測の仕方、予測解析手法の活用法・結果の見方を学びます。

マーケティングプランニング&マーケティングリサーチ入門セミナー

マーケティングリサーチを学ぶ上で基礎・基本からの調査のステップ、機能までをわかりやすく解説しています。

統計解析入門セミナー

統計学、解析手法の役割から種類、概要までを学びます。

アンケート調査表作成・集計・解析入門セミナー

調査票の作成方法、アンケートデータの集計方法、集計結果の見方・活用方法を学びます。

多変量解析入門セミナー

多変量解析とは何か。多変量解析の活用法・結果の見方を学びます