◆チューキー◆

チューキーの概要

多重比較チューキーは、3群以上の群相互の母平均の有意差を調べる検定方法である。
母集団は正規分布、各郡の母分散は等しい、各群のデータ数が等しい場合に適用できる。

●メリット
群数が多いときはボンフェローニより有意差が出やすい。

●デメリット
各群のデータ数は同数でなければならない。
群数が少ないときはボンフェローニより有意差が出にくい。
母集団は正規分布でなければならない。
各群の母分散は等しくなければならない。
p値が出力されない。
チューキーの結果

【具体例】
H,M,Nの3メーカーの洗濯機ユーザーの評価調査を行った。
3メーカーの平均は6点、9点、3点であった。
母集団において、メーカー間の平均に違いがあるかを検証せよ。

【検定結果】
検定統計量>棄却限界値であれば有意差があるといえる。
HとMの母平均は異なるといえる。
HとNの母平均は異なるといえない。
MとNの母平均は異なるといえる。
※p値は出力されない
チューキーの検定手順

①複数個の群から2群ずつ取り出し、全ての組合せについて、平均値の差分および検定統計量を算出する。
検定統計量はt分布と類似したq分布に従う。

②q分布の上側確率5%(有意水準)の横軸の値である棄却限界値qを求める。  
棄却限界値qをスチューデント化した範囲という。

③検定統計量と棄却限界値q(スチューデント化した範囲)と比べ、検定統計量≧qなら、有意差ありと判断する。検定統計量<qなら有意差なしと判断する。

最新セミナー情報

予測入門セミナー

予測のための基礎知識、予測の仕方、予測解析手法の活用法・結果の見方を学びます。

マーケティングプランニング&マーケティングリサーチ入門セミナー

マーケティングリサーチを学ぶ上で基礎・基本からの調査のステップ、機能までをわかりやすく解説しています。

統計解析入門セミナー

統計学、解析手法の役割から種類、概要までを学びます。

アンケート調査表作成・集計・解析入門セミナー

調査票の作成方法、アンケートデータの集計方法、集計結果の見方・活用方法を学びます。

多変量解析入門セミナー

多変量解析とは何か。多変量解析の活用法・結果の見方を学びます