◆ノンパラ多重比較スティール・ドゥワス◆

ノンパラ多重比較スティール・ドゥワスの概要

ノンパラ多重比較スティール・ドゥワスは、3群以上の群相互の母平均の差を調べる検定方法である。

●メリット
データが順位や5件法(5段階評価)などの順序尺度で母集団の分布が特定できない場合、また、数量データでもサンプルサイズが小さく母集団の正規性や等分散性を検討できない場合に適用できる。

●デメリット
p値がでない
ノンパラ多重比較スティール・ドゥワスの結果

【具体例】
ある会社で、血液型が営業成績に関係があるかを調べるために、社員25人を選び、1年間の売上台数を調べた。
下表は、血液型別の売上台数である。この会社の社員は、血液型によって営業成績が異なるといえるかを検証せよ。

【検定結果】
検定統計量の絶対値が棄却限界値より大きければ有意差があるといえる。全ての群間において有意差がみられない。
血液型は営業成績に影響していないといえる。

最新セミナー情報

予測入門セミナー

予測のための基礎知識、予測の仕方、予測解析手法の活用法・結果の見方を学びます。

マーケティングプランニング&マーケティングリサーチ入門セミナー

マーケティングリサーチを学ぶ上で基礎・基本からの調査のステップ、機能までをわかりやすく解説しています。

統計解析入門セミナー

統計学、解析手法の役割から種類、概要までを学びます。

アンケート調査表作成・集計・解析入門セミナー

調査票の作成方法、アンケートデータの集計方法、集計結果の見方・活用方法を学びます。

多変量解析入門セミナー

多変量解析とは何か。多変量解析の活用法・結果の見方を学びます