書籍詳細

株式会社アイスタット代表 理学博士 菅 民郎が著書した専門書のご紹介です。

統計学の基礎

「Excelで学ぶ統計解析入門」(Excel2013/2010対応版)

Excelで学ぶ統計解析入門
著 者:菅 民郎 
出版社:オーム社 
価 格:2,600円(税抜) 
体 裁:B5変形判 292頁 
出版年月:2013年9月

概要

統計学を初めて学ぶ方に最適な書籍です。 当書籍は、統計解析の基礎からはじめて、因果関係を把握する相関分析・回帰分析、統計学の学習者にとって1つの到達点というべき「統計的推定・検定」まで解説しました。 データ処理に用いるExcel関数や「データ分析」ツールを解説し、Excelでは出来ない部分をExcelアドインソフトウェアによって解析できるようにしました。このアドインソフトは筆者の会社の(株) アイスタットと、出版社・オーム社のWebページからダウンロードができます。 本書が皆様の業務・研究に限らず、日常目にする統計数学を正しく理解するための一助になれば幸いです。 読みやすい2色刷りです。 菅民郎の著作物では最も売れている本です。

目次

1.はじめに  
1.1 本書のねらい  
1.2 本書で学ぶ内容と関数式の一覧 
2.統計解析の基礎  
2.1 統計学とは  
2.2 代表値  
2.3 散布度  
2.4 度数分布  
2.5 クロス集計  
2.6 統計量要約グラフ  
2.7 個々のデータの位置を知る 
3.相関分析と回帰分析  
3.1 相関係数  
3.2 回帰分析 4.確率分布  
4.確率分布
4.1 確率分布とは  
4.2 2項分布  
4.3 ポアソン分布  
4.4 正規分布  
4.5 標準正規分布  
4.6 正規確率プロット
5.推測統計学  
5.1 母集団と標本  
5.2 統計的推  
5.3 統計的検定(1標本:1 集団)  
5.4 統計的検定(2標本:2 集団)  
5.5 母比率の検定  
5.6 母比率の差の検定 
6.実験による統計理論の検証  
6.1 母集団と標本  
6.2 推測統計学の代表的な3つの確率分布 
7.Excelの統計解析機能の解説  
7.1 Excelの関数の基本操作  
7.2 知っておくと便利な機能  
7.3 ピボットテーブル  
7.4 グラフ機能
8.Excel アドインソフトウェア  
8.1 ダウンロード方法  
8.2 Excelデータ分析の組み込み  
8.3 統計解析ソフトウェア

関連書籍

日常の業務や研究・論文などで良く使われる51個の統計手法をピックアップ。イラストと例題、図表を用いてわかりやすく解説しています。また、一から統計学を学ばなくても最適な統計手法の手がかりがみつかる内容となっています。使える場面が最初に表記しているので、どの統計手法を使ってよいかわからない方には、非常に便利です。
統計学を初めて学ぶ方に最適な書籍です。 当書籍は、統計解析の基礎からはじめて、因果関係を把握する相関分析・回帰分析、統計学の学習者にとって1つの到達点というべき「統計的推定・検定」まで解説しました。

臨床試験成績については、記載するデータは科学的な裏付けがあり、統計解析結果について記載する場合、統計解析手法及びその結果(信頼区間、p値等)を記載すること――とし、統計解析手法の記載も必要としました。本書では、情報提供の現場で困らないための統計の基礎知識を、仮想臨床データを基に解説します。
本書は、豊富な図表を見な がら統計学やデータ解析の 仕方を学ぶことができま す。 難易度は、入門者を対象と しています。テーマは基本 統計量、相関分析、統計的 推定・検定、多変量解析、 全てを対象としています。
この本は、「データ分析を統計学の解析手法を用いて行いたい。しかしながら統計学の知識は皆無」という方を対象としています。日々生活している中で知りたいこと、明らかにしたいことが色々あるかと思います。

関連セミナー情報

マーケティングリサーチを学ぶ上での基礎・基本から調査のステップ、機能までをわかりやすく解説しています。 マーケティングで登場する様々な用語に触れ「マーケティングについて分かったふりをしないようになる」、「マーケティングリサーチやマーケティ ングリサーチの機能を一言で言えるようになる」ことをゴールとしています。

統計解析入門セミナー


統計学・解析手法の役割から種類、概要までを学びます。 具体例や実例に基づき結果の見方や活用法を学びます。 フリーソフト「統計解析」で基本統計量、相関分析の演習をします。