第1話掲載の偏差値は、アイスタットのフリーソフトで求めることができます。


フリーソフトのお申込み・ダウンロードはこちら   ソフトを使った偏差値の求め方

偏差値について学ぶ

1            次へ

第1話は雪乃が統計探偵事務所に入社してもまないころ、所長からいろいろ教えてもらいながら、初めてした仕事のお話である。 

依頼主: 「こんにちは。平日の朝6時から8時まで放送しているテレビワイド番組「モーニングトップ」をご存知でしょうか。私は番組の企画を担当している鈴木です。」 

所長: 「予力です。よろしく。」 
雪乃: 「統分雪乃です。よろしくお願いします。(ドキドキ)」 
鈴木: 「皆さん。統計解析に関係したお名前で心強いですね。」 
雪乃: 「はい。名前だけでなく仕事もできます。私でなく所長が。」 (しまった、余分のことを言ってしまったわ) 
鈴木: 「それはすばらしい。それではお願いしたいテーマをお話しします。」 
雪乃: (しっかりメモを取らないと) 

鈴木: 「 この番組はプロ野球チーム「宇宙ジャガーズ」を応援しています。そこで、このチ-ムで毎月バッターとして最も活躍した選手に賞金を出すことにしました。打率、ホームラン数、打点の3つで総合成績を出し、最も成績の良い選手を選びたいと思います。どのようにすれば総合成績を出せるか教えてください。」
所長: 「 一ヵ月間に10試合以上プレーした選手の打率、ホームラン数、打点の成績を教えてください。」 
鈴木: 「これでよいですか。」
打撃成績結果
所長: 「はい。このデータに基づき、「最も活躍した野球選手は誰か」を決める方法を提案させていただきます。統分雪乃が提案書を作成します。3日間お時間をください。」 
雪乃: (ヒャー私に、できるのかしら。) 
鈴木: 「料金はいかほどで」 
所長: 「提案書の内容にご満足いただけたら10万円をお支払ください。 
鈴木: (こんな若い女子にできるのかなと思いつつ) 「よろしくお願いいたします。提案書が完成したらご連絡ください。」

雪乃: 「所長が教えてくれないと、私なにもできません。」
所長: 「何をあまったれたこと言っているんだ。やるのは君だ!」 
雪乃: 「は、はい。私はあまり野球には詳しくないのですが、3つの打撃部門のデータは単位が違いますよね。」 
所長: 「そうだよ。打率は打数に対する安打(ヒット)の割合で、テレビや新聞では何割何分何厘と言われている。ここでは小数点で表記されているね。ホームラン数は「本」、打点は「点」で雪乃の言う通り、データの単位が異なるね。」 

雪乃: 「ということは、3つの成績を合計して、値が最も大きい選手を選ぶというわけにはいきません。」 
所長: 「雪乃がデータ単位の異なる項目を合計する方法考えるんだ。」