次のページへ>>

◆ウイルコクソンの符号順位和検定(サインランク検定/U)(1/3) ◆

1. ノンパラメトリックの検定とは 

統計的検定の大半は、母集団の分布が正規分布に従っていなければ適用できないという制限がありました。
母集団の分布がわからない場合は、これから解説するノンパラメトリックの検定を用います。
ノンパラメトリックには、数多くの手法がありますが、大半の手法は次の例で示す考え方で検定を行います。

ノンパラメトリックの種類
2. ウイルコクソンの符号順位和検定(サインランク検定) 

ウイルコクソンの符号順位和検定(サインランク検定)は、対応している標本に対して2つの母集団の分布に差があるかを検定する手法です。

●公式
 データ例(対応している標本)

絶対値di  の小さい順に順位をつけます。 di が負のもの、正のもの、の順位を加算し、小さい方の値をとおきます。
n が25以上>
次の統計量 は標準正規分布に従います。

例題

対象者8人に、脂肪分の量の異なる2種類のアイスクリームA、Bを試食してもらい、10点満点でおいしさを評価してもらいました。下表はその結果です。
AのアイスクリームはBより評価が高いといえるでしょうか。
有意水準0.05で検定しなさい。
解答

      次のページへ>>