◆母平均の多重比較法(2/2) ◆

2. ボンフェローニ
【公式】
【例題】
次は、5つの商品について、使用後の満足度を5段階評価で調査した結果です。
この結果より、商品相互の評価の差の検定をしなさい。
【解答】
5つの群(商品)の分散が一様であることをバートレット検定で調べます。
これより、5商品の分散が異なっているといえないことが分かりました。
5つの商品の平均値に差があるかどうかを一元配置分散分析で調べます。
一元配置分散分析において、5つの商品に平均値に差が認められたので、どの商品間に差があるかをボンフェローニ検定で調べます。

同時信頼域(下限値と上限値の間)に0が含まれていなければ有意差あり、
0が含まれていれば有意差なしと判断します。
<例>群1と群2  0.05、0.01どちらも0なし→[**]
  群1と群3           〃 0あり→[  ]
  群3と群5  0.05で0なし、0.01で0あり→[* ]