<<前のページへ      3

【EPA法(3/3)】

(12)TC_3  TCの近似値算出
(9)のTC_2 × (11)のI(TC) より、TCの近似値TC_3を
    算出。
(13)SI_2  SIの近似値を算出
(0)のTCSI ÷ (12)のTC_3 より、SIの近似値SI_2を
    算出。
(14)SO_2  SIの調整
      (13)のSI_2に7項の「各年同月対象加重移動平
   均」を適用しSO_2を算出。
  【計算例】
・2011年7月 (4×2011年7月+3×2012年7月+
     2×2013年7月)÷9
     =(4×0.8541+3×0.9272+2×0.9028)÷9
     =0.8893      
    ・2012年1月 (3×2011年1月+4×2012年1月+
     3×2013年1月)÷10
     =(3×0.9310+4×0.9385+3×0.8662)÷10
     =0.9146
(15)IΔSI  平均振幅を算出
(14)のSO_2の各月の経年変化率から平均振幅を
    算出。

【計算例】 1月
① (0.9047-0.9146)÷0.9047=0.0109
      マイナスはプラスとする
② (0.9146-0.9191)÷0.9146=0.0050
  平均振幅=①+②=0.0109+0.0050=0.0158
(16)I_2   Iの近似値を算出
(13)のSI_2 ÷ (14)のSO_2 より、Iの近似値I_2を
    算出。
(17)IΔII 平均振幅を算出
(16)のI_2の各月の経年変化率から平均振幅を算出。

【計算例】 1月
①(0.9575-1.0262)÷0.9575=0.0718
  マイナスはプラスとする
②(1.0262-1.0129)÷1.0262=0.0129
平均振幅=①+②=0.0718+0.00129=0.0847
(18)MSR 季節性変化率を算出
(17)のIΔII ÷ (15)のIΔSI より、季節性変化率MSRを
    算出。
(19)項数の決定 各年同月対象加重移動平均の項数を
    決定
(20)のSO_3の算出は「各年同月対象加重移動平均」
    を適用するが、その際の項数は MSRの大きさ
    によって決める。
     MSR<1.5・・・3項   1.5≦MSR<3・・・5項
     3≦MSR<6・・・ 7項   MSR≧6・・・ 9項
(20)SO_3  Sの調整
(13)のSI_2に3項~9項のいずれかの「各年同月対象
    加重移動平均」を適用し、SO_3を算出。ただし、項数
    はMSRの大きさによって決める。
      注.MSR(季節性変化率)が大きいSI_2は、項数の
    大きい
    「各年同月対象加重移動平均」を適用することにより、
    変動がより小さいSO_3が求められる。
   【計算例】
    ・2011年1月 7項 (4×2011年1月+3×2012年1月
                +2×2013年1月)÷9
                =(4×0.9310+3×0.9385+2
                ×0.8662)÷9
              =0.9191      
    ・2012年2月 9項 (4×2011年2月+5×2012年2月
                +4×2013年2月)÷13
                =(4×1.2168+5×1.2861+4
                ×1.1317)÷13
               =1.2173
(21)SY SO_3  の暦年平均値
   各年のSO_3  の平均値SYを算出。
(22)S 最終Sの算出
(20)のSO_3  ÷ (21)のSY より、最終のSを算出。
   【計算例】
     2011年1月 2011年1月SO_3÷2011年SY
             =0.9191÷0.9943
             =0.9244
     2012年2月 2012年2月SO_3÷2012年SY
             =1.2173÷0.9928
             =1.2261
(22)S 来年度のSの予測
   来年度のSは公式によって予測する。
   (3×最終年S-前年S)÷2
     【計算例】
      2014年1月  (3×2013年1月-2012年1月)÷2 
=(3×0.9090-0.9212)÷2=0.9029
(23)TCI 最終TCIの算出
(0)のTCSI ÷ (22)のS より、最終のTCIを算出。  
(24)TC_4 TCの近似値算出
(23)のTCIに「9項加重移動平均」を適用し、
    TC_4を算出。
    【計算例】
     ・2011年1月の9項加重移動平均
     (5×2011年1月+4×2011年2月+3
     ×2011年3月+2×2011年4月
     +2011年5月)÷15
  =(5×14.063+4×15.502+3
      ×16.846+2×19.449+21.984)÷15
  =16.250
     ・2012年1月の9項加重移動平均
     (2011年9月+2×2011年10月+3
      ×2011年11月+4×2011年12月+5
   ×2012年1月+4×2012年2月+3
       ×2012年3月+2×2012年4月
       +2012年5月)÷ 25
     =(39.467+2×48.267+3×55.194
       +4×65.021+5×58.618+4×59.539
        +3×49.134+2×50.427+55.074 )
        ÷25
     =55.850
(25)I_3   Iの近似値算出
    (23)のTCI ÷(24)のTC_4 より、Iの近似値I_3
    を算出。
(26)I(TC)  Iの調整
(25)のI_3に「9項加重移動平均」を適用し、
    I(TC)を算出。
 【計算例】
   ・2011年1月の9項加重移動平均
     (5×2011年1月+4×2011年2月
       +3×2011年3月+2×2011年4月
       +2011年5月)÷15
      =(5×0.8654+4×0.8818+3
        ×0.8752+2×0.9119
        +0.9147)÷15
      =0.8812
   ・2012年1月の9項加重移動平均
      (2011年9月+2×2011年10月+3
        ×2011年11月+4×2011年12月
        +5×2012年1月+4×2012年2月
        +3×2012年3月+2×2012年4月
        +2012年5月)÷25
       =(0.9406+2×1.0219+3×1.0720
         +4×1.1917+5×1.0496
         +4×1.0693+3×0.9017+2
         ×0.9435+1.0437)÷25
       =1.0451
(27)TC 最終TCの算出
(24)のTC_4 × (26)のI(TC) より、最終のTCを算出。
(28)I 最終Iの算出
(23)のTCI ÷ (27)のTC より、最終のIを算出。






























<<前のページへ      3