1        次のページへ>>

【曲線回帰分析によるトレンド予測(1/4)】

1. 解析手法の概要と種類

 トレンドTを求めるための回帰分析について学びます。
回帰分析は直線式、曲線式を求める多数の関数がありますが、それぞれの名称、回帰式、グラフ形状を学びます。

回帰式

よく用いられる直線回帰式、曲線回帰式を示します。

 曲線回帰式のグラフ形状

 通常、決定係数が最大の曲線を選択しますが、上に示した曲線回帰式のグラフ形状がわかっていれば、TCの推移にマッチした形状の曲線を選択することができます。そこで上の曲線回帰式のグラフ形状を示しておきます。
修正指数は増加傾向の場合、鈍化傾向で推移します。時間が経つにつれ増加が止まり上限値Kに近づきます。







ロジスティックは増加傾向の場合、鋭化傾向から鈍化傾向に転じるS字型の曲線です。時間が経つにつれ増加が止まり上限値Kに近づきます。S字型曲線の変曲点を中心に左右対称になります。




ゴンペルツは増加傾向の場合、鋭化傾向から鈍化傾向に転じるS字型の曲線です。時間が経つにつれ増加が止まり上限値Kに近づきます。S字型曲線の変曲点を中心に左右対称となりません。
1        次のページへ>>