書籍詳細

株式会社アイスタット代表 理学博士 菅 民郎が著書した専門書のご紹介です。

実験系計画法・経時データ分析・品質管理・経時データ分析

「例題とExcel演習で学ぶ 実験計画法とタグチメソッド」

例題とExcel演習で学ぶ 実験計画法とタグチメソッド
著 者:菅 民郎
出版社:オーム社 
価 格:3,500円(税抜)
体 裁:A5変形判 304頁
出版年月:2016年11月25日

概要

データ分析の業務に携わっている人々は、常日頃
  • 「消費者のニーズに合わせて、どのような製品を開発すればよいか」
  • 「顧客に喜ばれる製品にするには、どのようなところを改良すればよいか」
  • 「生産性を上げるためには、運用方法、工法をどのように変えればよいか」
  • 「売上を伸ばすためには、どのような販促活動をとればよいか」
といったテーマに取り組んでいると思います。しかし、これらの目的を達成するためには、いろいろな要因が絡み合っていて簡単に解決できないことも多いでしょう。
このようなテーマを解決してくれるのが、実験計画法やタグチメソッドです。

実験計画法は、定められた計画に基づき測定されたデータを解析し、要因の効果や交互作用を明らかにする方法です。解析手法は、一元配置法、二元配置法、分散分析法、多重比較法、直交表、MT法、タグチメゾットです。

タグチメソッドは、設計・開発の段階で適用され、品質問題を未然に防止し、開発効率をあげるための方法です。解析手法は、SN比、重回帰分析、MT法、二段階設計法です。

この本では、これらのすべてについて解説しています。

目次

Ⅰ部 実験計画法

第1章 実験計画法の概要
第2章 一元配置法第3章 二元配置法(繰り返しがある場合)
第3章 二元配置法(繰り返しがある場合)
第4章 二元配置法(繰り返しが一定でない場合)
第5 章 二元配置法(繰り返しがない場合
第6 章 多重比較法
第7章 直交表実験計画法

Ⅱ部 回帰・MT 法・タグチメソッド

第8章 重回帰分析
第9章 直交表を用いた重回帰分析
第10章 マハラノビス汎距離
第11章 SN 比
第12章 MT 法
第13章 タグチメソッド 

付録 本書で利用するExcel の分析ツール及び
「実験計画法ソフトウェア」