書籍詳細

株式会社アイスタット代表 理学博士 菅 民郎が著書した専門書のご紹介です。

統計学の基礎

「Excelで学ぶ統計解析入門」(Excel2013/2010対応版)

Excelで学ぶ統計解析入門
著 者:菅 民郎 
出版社:オーム社 
価 格:2,600円(税抜) 
体 裁:B5変形判 292頁 
出版年月:2013年9月

概要

統計学を初めて学ぶ方に最適な書籍です。 当書籍は、統計解析の基礎からはじめて、因果関係を把握する相関分析・回帰分析、統計学の学習者にとって1つの到達点というべき「統計的推定・検定」まで解説しました。 データ処理に用いるExcel関数や「データ分析」ツールを解説し、Excelでは出来ない部分をExcelアドインソフトウェアによって解析できるようにしました。このアドインソフトは筆者の会社の(株) アイスタットと、出版社・オーム社のWebページからダウンロードができます。 本書が皆様の業務・研究に限らず、日常目にする統計数学を正しく理解するための一助になれば幸いです。 読みやすい2色刷りです。 菅民郎の著作物では最も売れている本です。

目次

1.はじめに  
1.1 本書のねらい  
1.2 本書で学ぶ内容と関数式の一覧 
2.統計解析の基礎  
2.1 統計学とは  
2.2 代表値  
2.3 散布度  
2.4 度数分布  
2.5 クロス集計  
2.6 統計量要約グラフ  
2.7 個々のデータの位置を知る 
3.相関分析と回帰分析  
3.1 相関係数  
3.2 回帰分析 4.確率分布  
4.確率分布
4.1 確率分布とは  
4.2 2項分布  
4.3 ポアソン分布  
4.4 正規分布  
4.5 標準正規分布  
4.6 正規確率プロット
5.推測統計学  
5.1 母集団と標本  
5.2 統計的推  
5.3 統計的検定(1標本:1 集団)  
5.4 統計的検定(2標本:2 集団)  
5.5 母比率の検定  
5.6 母比率の差の検定 
6.実験による統計理論の検証  
6.1 母集団と標本  
6.2 推測統計学の代表的な3つの確率分布 
7.Excelの統計解析機能の解説  
7.1 Excelの関数の基本操作  
7.2 知っておくと便利な機能  
7.3 ピボットテーブル  
7.4 グラフ機能
8.Excel アドインソフトウェア  
8.1 ダウンロード方法  
8.2 Excelデータ分析の組み込み  
8.3 統計解析ソフトウェア

関連書籍